幸せになるための離婚・再婚ガイドブック

離婚、再婚を経験し、現在ステップファミリー歴7年目を迎える管理人が、夫婦、子ども、家族について考えるブログです。スクールカウンセラーとして働く中で感じる、子どもの気持ちについて心理学的視点も交えながら気ままにつづっていきます。

[Google AdSense]

離婚

別居に至るまでの心の声 管理人の場合

こんにちは。当ブログを訪問してくださりありがとうございます。 元夫と結婚してから別居するまでの私の心の声を中心にお送りします。美しいものではないのは百も承知ですが、できるだけ冷静に客観的に当時を振り返ってみたいと思います。 19歳、大学2年の時…

1度離婚し、同じ人と再婚した友人の話

今日は、結婚して2人の子どもをもうけた後離婚し、数年後同じ人と再婚した友人のお話をしたいと思います。(彼女には了承を得て、個人が特定できないような形で掲載しています) 恋愛結婚で一旦は結婚した旦那さんとは離婚をするまでは約10年間の結婚生活を…

『子どものため』に離婚を我慢した両親のもとで育った友人Aちゃん

Aちゃんは大学時代の友人。リストカットやOD(薬の過剰摂取)、性的な奔放さなどこれまでに本の中でしか読んだことのないようなことをやってしまう、初めて出会うタイプの子でした。 友人としてほぼ毎日一緒に授業に出たりお互いの家を行き来したりしており、…

離婚のときに忘れてはいけない子どもに関する手続き

離婚をするときに子どもに関して夫婦で取り決めをしなくてはならないのが、子どもの親権についてです。親権とは、子どもが成人(20歳)になるまでに、子どもの利益のために子どもを監護・保護・教育し、その財産を管理する権利義務のことを言います。 婚姻期…

引っ越し代を安く済ませるために必ずやらなければいけないこと!

引っ越しの季節がやってきました。引っ越し業者にとってはまさにかき入れ時です。「引っ越しシーズンなので…」「人手が足りないもので…」という理由で、シーズンオフよりもかなり料金が高くなってしまいます。10回近く引っ越しをした経験上、大手であればあ…

離婚の調停中や離婚直後、子どもが気になる言動をするようになったら親はどうすればよいのか

子どもは基本的に、親に対して全面的に自分の方を向いてほしいと願っているものです。それが、離婚調停中や離婚直後になると、親も今後の生活の不安や今の生活を安定させることに必死でなかなか子どもに目を向けられていない状態になりがちです。 すると、子…

テレビで観たステップファミリーから考える 親の再婚と子どもの気持ち

先日、ステップファミリーの大家族の生活を覗き見るという番組を見ました。 両親と子どもが8人の大家族です。子どもは20歳のお姉ちゃんを筆頭に、それぞれお父さんが3人とお母さんが3人ずつを連れての再婚同士です。 家族の仲も良く、お父さんお母さんも結…

○私が離婚を決意するに至るまで

私は、22歳の時に一度離婚を経験しています。今回は、その時の私の気持ちを思い出しながら書いてみたいと思います。 離婚の大きな理由は、夫の仕事が長続きしないことや家のお金を持ち出すこと、性の不一致などです。 kokohare.hatenadiary.jp 当時、私のア…

○シングルマザーが自立するためには資格を取るべきか?

いざシングルマザーになると、一家の大黒柱となるわけですからそれなりの安定した収入を、と考えるのは当然のことです。日々の生活費や子どもの教育費、そして将来に向けての貯蓄と(養育費や手当などがあっても)ほぼひとりの収入でやっていかなければなら…

養育費に面接交渉…法律的な支援が必要になった時の弁護士への相談の仕方

離婚が決まって、法律的な支援が必要になったら弁護士の利用を考えると思います。 でも、弁護士って相談だけでも結構な料金を取られるんじゃないの?成功報酬って何?と、知らないことばかりで敷居が高い気がしますよね。 でも、離婚に際しては親権や面接交…

○子どもを引き取りたい 子どもを置いて家を出てきてしまった時どうすればいいか

子どもを自分が引き取って育てたいと考えている場合、家を出る時も子どもは連れて出ることが鉄則です。 親権を争ったときに、相手が一人で子どもを養育した期間があるとそれが『子どもを養育する能力がある』ことを示す実績となってしまいます。しかも、裁判…

○ひとり親家庭の『父の日』『母の日』

毎年やってくる暦上の『父の日』『母の日』。管理人もひとり親家庭の母として、最初の頃は子どもが保育園でどんな想いをしているのだろうと心を痛めた記憶があります。 娘は、当時の先生方の配慮(?)でおじいちゃんの絵を描いてきた記憶があります。 その…

○子どもが離婚を嫌がったとき親がとるべき行動

両親の離婚を告げられた時の子どもの心境は、どんなものでしょうか。 毎日、両親のいさかいを見て心が落ち着かない日々を過ごしていた子供は「正直ほっとした。」という子もいるし、そういう環境の中で育っていても「やっぱり離婚は嫌だ、家族そろって暮らし…

管理人おススメの在宅で稼ぐ方法をご紹介~番外編ありマス~

自分自身の収入を得たいけれど、外に出て働くまでに子どもの保育園の手続きや就職先が決まるまでには少し時間がかかってしまいますよね。 また、子どもが小さいとか家族の理解を得られないなどの理由で今すぐには働けないということも珍しくありません。 そ…

○主婦経験・子育て経験が活かせる職業一覧

離婚をしたいけど迷っている・・・そういう声をよく聞きます。その理由には「離婚が子どもにどんな影響を与えるのか心配。」という声や、「もしかしたら夫婦関係が好転するかもしれない。」という期待、それから「自分の収入だけで生活を維持していけるか。…

○離婚に伴う引っ越し・転校

離婚はただでさえ苗字が変わったり生活環境が変化したりするので子どもにとってもクリアしなければならない課題が出てくるものです。それに伴って引っ越しや転校を余儀なくされるケースもあり、親としては子どもにかかる負担が心配になってしまいますよね。 …

○母子家庭になった時に利用できる生活支援や援助まとめ

万が一、離婚をすることになり母子家庭になったとしたら、どのようなサービスや援助を受けることができるのか。母子家庭に対しての支援は、経済的な支援だけではなく、生活全般に対しての助言を行うサービスも充実しています。以下にまとめてみましたので参…

○子育てにかかる費用の負担軽減のために支給される『児童手当』

出産・育児をする家庭にとって重くのしかかってくるのが子育ての費用の問題です。その費用の負担を少しでも軽減するために、子育てをする世帯に支給されているのが『児童手当』です。 児童手当は、平成23年まで支給されていた『子ども手当』とは、養育者の所…

○離婚後の公的援助まとめ

離婚には付き物の環境の変化や生活の変化。経済的な問題や、一人でやらなくてはならないことの負担の増加など助けが必要になることも出てきます。 そんなときのために知っておきたい、離婚に伴い受けることのできる公的な援助についていくつかご紹介します。…

○不安に飲み込まれそうになったら

離婚を考えていて、今後の生活に不安を抱えているとしたら、まず何から始めていけばいいのでしょうか? 不安の原因は何ですか? ・自分の収入だけで生活できるか ・離婚が子どもにどんな影響を与えるのか ・親や兄弟にはどう説明すれば良いのか ・相手の家族…

○ひとり親家庭に支給される『児童扶養手当』

『児童扶養手当』は、母子家庭などの児童の福祉の増進を図ることを目的とした国の制度です。 収入の限度額や、同居人の有無など細かい条件はありますが、離婚・死別・養育者の障害等の条件に当てはまれば子どもが18歳に達する日以降、最初の3月31日まで支給…

○慰謝料ってどんなふうに決まるの?

「離婚」と聞くと、「慰謝料」や「財産分与」という言葉が連想されますよね。 これらがもらえる条件やどこでどのように金額を決めているか、詳しく知らないという方多いんじゃないでしょうか。 慰謝料とは簡単に言えば『お詫びのお金』です。離婚の原因を作…

○離婚したい 離婚準備その①~離婚準備金はいくら必要か?~

離婚に実際いくら必要かと言えば、その金額に相場があるとは思えませんが、もしも離婚後実家に戻らずに自立して子どもと生活を始めようと思うのであれば、最低でも100万円くらいのお金を手元に用意しておけると安心です。 100万円の内訳は、引っ越し代や新居…

○慰謝料と財産分与の違いと取り決めの話し合いで気を付けるべき点とは?

慰謝料とは一言で言うと相手に対する「お詫びのお金」のことです。 つまり、離婚の原因を作った人が相手に対して支払うお金ですね。 一方で財産分与とは、離婚の原因を作ったか否かに関わらず夫婦で築いた財産を「分け合う」意味を持つものです。 たとえば、…

○一人で仕事と育児を両立するために準備しておきたいこと

離婚後は、「育児に必要な経済力」として「養育費」をもらうことができるケースもありますが、生活費としては親一人で賄っていかなければならないことがほとんどです。 仕事をしていない専業主婦でも、子どもの幸せを考慮して決定される親権はとることができ…

○離婚の悩み どこに相談しますか?

離婚を考えて悩んでいるとき、誰に相談しますか?悩みごとを抱えて誰にも相談しないでいることは人間にとってものすごいストレスになっています。具体的には、心身症といって、頭痛、肩こり、下痢、蕁麻疹など体のあらゆる不調となって表れることもあります…

○別居したい!行き先は?部屋を借りるときに気を付けたいこと

いざ「別居」となると、行先の候補としてまず真っ先に上がるのが「実家」という方は多いでしょう。 でも、実家と一言にいっても色々な事情があります。 そこで実家には頼れない、または頼りたくない事情がある場合などは、ほかの行先を考えなくてはいけませ…

○別居してからも離婚前(婚姻中)の生活費を相手に請求できる条件とは?

まだ離婚が成立していない別居の段階では、夫婦はお互いにお互いの生活を支えあうという義務を負っています。これを「婚姻費用分担義務」といいますが、具体的には相手一人の収入だけでは相手の生活が成り立たないという場合に、もう一方に相手の生活費の不…

離婚で子どもの心を傷つけてしまったと感じたときに親が取るべき行動とは?

子どもは心が傷ついたときや大きなストレスがかかったとき、精一杯サインを出します。そのサインは年齢にもよりますが、夜泣きだったりオネショだったり、ちょっと大きくなってくると学校で友だちとのトラブルが多くなる、体の不調を訴えるなど様々です。 ス…

○離婚を考えているとき 子どもに伝えるタイミング、伝え方は?

離婚を考え始めたとき、または、心の中ではすでに離婚を決めていてその準備を進めているとき。子どもにはいつ、どのタイミングで伝えればいいのでしょうか? 離婚のことは子どもには伝えず、そっと環境を変えた方がいい? それとも、お父さんとお母さんどち…

○離婚は『子どものため』に我慢するべき?

『子どもがいるのに離婚するなんて我慢が足りない』『離婚するなんて子どもが可哀想』そんな声を耳にしたこと、ありませんか? 私自身、直接言われたわけではないものの、なぜか『子どものために離婚は我慢するべきなんじゃないか』と、長い間悩みました。自…

○離婚するか否かで揉めた時のために…

離婚は簡単にできるものたと思いますか? 答えはyesです。手続き自体は離婚届さえ出してしまえばすぐに離婚は可能です。 でも、それは相手も離婚に同意しているときの話。離婚までに長い時間を要するのが、相手が離婚を拒否したときです。 たとえば、相手が…

○両親が離婚した子どもは可哀想?

離婚した自分はかわいそう?両親が離婚した子どもはかわいそう?私が離婚するときに一番頭を悩ませたのが、子どものことでした。周囲からかわいそうな子だと思われるんじゃないか。子どもが自分のことをかわいそうな子だと思ったら嫌だなーなど。 しかし、長…

○再婚する!?しない!?

離婚には大変な労力と精神的な負担がかかります。環境の変化や物理的な負担が一気にのし掛かってくることで、とても大変な思いをします。そして、心は確実に傷つきます。 それは当事者である大人だけではなく、子どもも同じこと。大人の都合に合わせざるを得…

○大人の都合について子どもにはどう説明する?

大人の勝手な都合で、関係のない子どもが巻き込まれるのが離婚・再婚。子どもは親を選べないように、小さければ小さいほど環境を選ぶ力も持っていません。大人が決めた環境で何とか適応していかなければいけないのが子どもの宿命です。 これまで数年間、子ど…

○子どもと離れて暮らす親との関係

別れた父親(母親)に、子どもを会わせるか。離れて暮らす子どもとの面会(と、いう言い方にも違和感ありますが)はいつ、どのタイミングでできるのか。それとも、取り決めはなしに会いたいときに会えるようにするのか。 などなど、離婚とその後の親子関係に関す…

○離婚。その時、子どもの名字はどうする!?

離婚届けを提出するとき、妻は離婚後にどちらの姓を名乗るか選択することになります。私の場合、多分多くの女性が感じるように元夫の姓を名乗り続けることが嫌だったので迷わず旧制に戻す選択をしました。 離婚届も提出し、一段落。やれやれと思っていると……

○幸せなはずの産後にやってくる夫婦の危機!産後クライシスが起こる原因とその対策法

産後クライシスという言葉を耳にしたことはありますか? 産後クライシスとは、出産後の妻が夫に、夫が妻に抱く嫌悪感や不満等により夫婦関係に危機が生じることを言います。 実は、ある調査において妻の夫への愛情は、産後2年以内で結婚したときの半分以下…

離婚を回避するために今からできること

前回は、妻が離婚を考える理由について書きました。 ○妻が離婚を考える理由って…!? - 幸せになるための離婚・再婚ガイドブック 離婚理由の第一位として、『性格の不一致』が原因としてあげられます。その裏には、価値観の違いすなわち『私(俺)のことをわか…

一人で子どもを育てるということ

一人で片親で子どもを育てるってどんなことでしょう?夫婦で子どもを育てるのとどんなところが違うのでしょうか? それは、人間が成長する上で学ばなければならない男性性と女性性を両方の親から日常的に学ぶことができなくなってしまうということです。「男…

○片親という家族の形の捉え方

『片親』『シングルマザー(ファザー)』『一人親家庭』等々、離婚後の親子には色々な名称が付けられます。 自分達はそんなつもりはなくても、世間からは『一人親家庭だからね~』と言われることがあります。学校で子どもが何か問題を起こすと『片親だから』と…

○引っ越し代の相見積を取らずに7万円以上損しそうになった我が家の引っ越し体験談

大学時代を含め、10年ちょっとの間に10回の引っ越しをしました。その引っ越しとは、もちろん離婚に伴うものであったり、地元に帰るためであったりはたまた再婚や現在の夫の転勤に伴うものであったりですが、娘と一緒にこれだけの移動をして来ました。 改めて…

○離婚後の生活設計~私のケース~

私の場合は 家賃56,000円 生活費80,000円の約140,000円が子どもと二人で生活するために最低でも必要な金額でした。 学生だった私はアルバイトの収入が5~6万円しかなかったため、奨学金を月に80,000円ずつ借りて残りはわずかな貯金を切り崩しながら生活し…

○離婚を具体的に進める手順

離婚を考え始めたら、何から始めればいいのか、何をするべきなのか。ケースバイケースではありますが、私の事例と一般的な話をまとめてひとつの例として参考にしてみてください。 ①離婚後の生活設計 ②必要に応じた証拠集め ③関係修復のための行動 ④離婚を切…

○妻が離婚を考える理由って…!?

離婚を言い渡すのって、妻からと夫からどちらの方が割合的に多いのでしょう?私的には妻からの方が多いイメージがあったのですが、実際はやはり女性の方から離婚を切り出すケースの方が多いようです。 厚生労働省の統計によると、年間婚姻数の約34%が年間離…

○養育費についての取り決め 

先日、シングルマザーとして小5の女の子と小2の男の子を育てる友人の話を聞きました。時々元夫との交流(子どものみ)もあるものの、養育費はもらっていません。 彼女いわく『若いときの離婚であったため、養育費の取り決めなどをきちんとやらなかったし、養…

○離婚・再婚ブログを立ち上げたワケ

こんにちは。初めまして。当ブログ管理人の「こはる」です。私は2002年に離婚しました。当時、私22歳、長女2歳でした。 理由はざっくり言えば「性格の不一致」です。もう少し細かい話をすると、仕事が長続きしない、貯金を含め生活費を持ち出すという元夫の…

離婚することは結婚よりも大変!!離婚に伴う精神的な負担の正体とは?

離婚についてはよく『離婚は結婚よりも大変』と言われます。これがどういうことを意味しているかと言うと、物理的にはもちろんですが、精神的負担の大きさを物語っているのだと思います。 結婚するときと言うのは、物理的には色々と変更するものがあったり環…