幸せになるための離婚・再婚ガイドブック

離婚、再婚を経験し、現在ステップファミリー歴7年目を迎える管理人が、夫婦、子ども、家族について考えるブログです。スクールカウンセラーとして働く中で感じる、子どもの気持ちについて心理学的視点も交えながら気ままにつづっていきます。

[Google AdSense]

○夫、妻の嫌なところばかりが気になるようになったら?今日からできる具体的な方法

一緒に生活をしていると、パートナーの嫌な面って1つや2つくらい出てくるのが普通ですよね。それがない夫婦もいるのかもしれませんが、大体はその嫌な面も受け入れつつまたは妥協しつつ過ごしているのが大方でしょう。

f:id:kokohare:20160222093034j:plain
今回はパートナーの嫌なところが気になるようになった時に、自分の気持ちを切り替える方法について考えてみたいと思います。


以前読んだ本で私自身、はっとした言葉があります。それは、「パートナーの嫌いなところ、むかつくと思うところは、恋愛期間中に自分が好きになったところであることが多い」と言うもの。


どういう意味か、私自身の例でたとえてみます。私は現在の夫の決断力のあるところや、ぐいぐい引っ張ってくれるところをお「男らしくて素敵だな」と感じていました。でも、結婚生活の中では時々、子どもの翌日の日程を考えないで夕方からお出かけに誘ってみたり、ボーナス時に購入する電化製品を決めてきたりして、私にやんわりと断られる…ということが出てきました。旅行の日程なども基本、自分の仕事の日程を中心に考えるところがあります(汗)。


このように結婚前は「決断力のある人」と見えていたのが、一緒に生活するようになって見方が変わってくると「わがままな自己中心的な行動」ともとれるようになってくるのです。


別の友人の例です。彼女の元旦那さんは、毎晩深酒をして帰宅が深夜だったのですが、とうとう実家に泊まるようになってしまい、妻と子供のいる家には週に2日くらいしか(しかもお酒を飲んで)帰ってこなくなってしまったそう。結局、夫婦関係も冷めきってしまいお金の問題などもあり離婚したのですが、彼女は元旦那さんについて「結婚前は一緒にお酒を飲んでとっても楽しかった。でも、結婚してからもそのままだったら困る。」と言っていました。


このように、結婚前は「素敵だな。良いな。」と思っていた特徴も、状況や自分の見方が変わると「嫌なところ」に代わってしまう可能性があるものなのです。


もしも、パートナーの嫌なところばかりが気になるようになったら、(心が落ち着いているときがいいかもしれません)恋愛期間中に同じような行動を「素敵だな」と思ったことがないか思い返してみて下さい。今感じている「短所」を「長所」だと感じていたことがあるかもしれません。


それを確認できたら、今の状況でなぜその「長所」を「短所」と感じているのか、自分なりに考えて冷静にパートナーに伝えてみて下さい。相手もこちらがすごい剣幕で言うよりも聞き入れやすくなるはずです。その時は「付き合っているときはあなたの○○なところが素敵だなと思ったけど、子どもの前で○○するのは困るからやめてほしい」など、ぜひ恋愛期間中に自分が感じていた「長所」についても添えて伝えるようにしてくださいね。