幸せになるための離婚・再婚ガイドブック

離婚、再婚を経験し、現在ステップファミリー歴7年目を迎える管理人が、夫婦、子ども、家族について考えるブログです。スクールカウンセラーとして働く中で感じる、子どもの気持ちについて心理学的視点も交えながら気ままにつづっていきます。

[Google AdSense]

別居に至るまでの心の声 管理人の場合

こんにちは。当ブログを訪問してくださりありがとうございます。

 

 

元夫と結婚してから別居するまでの私の心の声を中心にお送りします。美しいものではないのは百も承知ですが、できるだけ冷静に客観的に当時を振り返ってみたいと思います。

f:id:kokohare:20170106010144j:plain

 

19歳、大学2年の時に同級生だった元夫との間に長女を授かり結婚、出産。1年休学ののち復学し家族3人での生活をスタートさせる。最初のうちはうまく行っていたものの、地元から離れた生活に夫が寂しさから泣いたり仕事を辞めてきたりする。

 

 

時々一定期間無職になる夫の話も一生懸命聞いていたが、ふと「いつもおんなじ話してんなぁ」と思うようになる。

 

 

離婚までの期間、比較的長く続いたアルバイト先の売り上げを補てんしなければならないという理由で稼ぎ15万円のうち、2~5万円を毎月持ち出すようになる。

 

 

「家に現金は置いておけない」と思い、極力銀行口座で管理するようにするがキャッシュカードを探してはいつの間にか持ち出してお金をおろしている状態。

 

 

「家の中に泥棒がいるみたい」と思い始める。

 

 

何度もそのことについて話し合ったが拉致があかないので、元夫の上司に直談判。売り上げの補てんという事実はないとキッパリ言われる。「やっぱりな」と思う。

 

 

こんな状態で地元の友達の結婚式に行きたいと言い、「はぁ?」と思うが、私の大学のために地元を離れているという負い目もあり快く送り出す。地元で調子に乗った元旦那は断りなく携帯を新機種に機種変する(3万弱)。正直「こいつには話が通じひん」と理解に苦しむ。

 

 

この頃から元旦那が帰ってくる時間になると下痢、蕁麻疹が出るようになる。生活は普段通りやっていたが、ほとんど家庭内別居のような状態。会話はほとんどなし。離婚について色々と調べ始める。

 

 

心療内科に通院し始めたのもこのころ。長女がまだ2歳前だったので、子育てができる程度には自分を保っている必要があると思い受診を決意。

 

 

元夫と相談の上、相手が出ていく形で別居をスタート。

 

 

居間思えば、何回か修復のチャンスというか相手にも伝わる言い方とかがあったのかもと思いますが、当時は当時で何とか修正しようとしていたことがうまく行きませんでした。若かったで済ませるのも悔しいですが、未熟だったということは確実に一つの要因になっていたと思います。

 

 

kokohare.hatenadiary.jp

kokohare.hatenadiary.jp

 

 

 

 

 

再婚に伴う子ども、実親、継親それぞれの悩みと踏ん張りどころ

初婚の夫婦が作る家族と再婚のステップファミリーでは、家族としての始まり方が違うことは周知の事実ですよね。

 

 

継親の悩み

初婚の夫婦が作る家族は、子どもとの関係づくりのスタートが夫婦で一緒なので、子育てに関しても、家族に関してもルール作りや文化づくりがしやすいという特徴があります。それに対し、再婚家庭では、一方の親と子どもの関係がもう一方の親との関係よりも前から存在しているという特徴があります。そのため、子どもとのやりとりに関する暗黙の了解やルールがすでに出来上がっている中に新参者として入ってくる親は、アウトサイダーとなってしまうのです。

f:id:kokohare:20161208122924j:plain

 

子どもを連れた親が再婚すると、それまでに築かれた強い親子の絆があるので、子どもは実の親と関わってもらう必要があります。これは、子どもにとって当然の権利であり必要なことです。でも、ここで継親は疎外感を味わってしまうのです。

 

 

たいていの場合、継親が疎外感を味わっていることが認識されることは多くはなく、継親は「子どもたちがいると自分は存在していないみたい」と感じるかもしれません。

 

 

実親の悩み

一方実親は、実親で愛する子どもとパートナーとの間で引き裂かれるような思いをすることがあります。「どちらも大切にしたいし関わりたいと思っているけれども、どちらかとの関りを優先してしまうともう一方と関わることができない、そもそもどちらか一方かを選ぶということが苦しい。」と感じるかも知れません。

 

 

自分は家族のみんなとつながっているという感覚はあっても、それぞれの関係をうまく調整することができないことに自分の無力さを感じることも多いと言われています。

 

 

子どもの悩み

子どもは子どもである日突然、自分の意思とは関係なく一緒に住むことになった大人がいて、実親がその人と親しくしている。自分は実親にいろんな話をしたいし聞いてもらいたい。でも、なんだかこれまでとは違って実親と二人だけでという空間ではなくなってしまって自分に注目が向いているという実感が得られない。上手く言葉にできないけど満たされない感じ。

 

 

子どもの悩みに関しては、子どもが感じていると思われることを説明したものですが、再婚後に不安定になる子どもの心の中はこんな感じかもしれません。

 

 

それぞれの悩みを解消する手立て

まずは、継親、実親、子どもそれぞれがこのような心理状態にあること、そしてそれぞれがそのような気持ちの中で環境の変化に対応しようと頑張っているということをお互いに理解し合うこと。できれば家族でお互いのそういう思いを確認しあったりできると尚良いですね。

 

 

 

この状態は誰かが悪いのではなく、誰のせいでもありません。自分たちがステップファミリーという家族のスタートのさせ方をしているのだということを自覚する必要があります。

 

 

そして、この悩みや葛藤は家族が一緒にいるときに一層強まるものです。

 

 

そんな時、一対一の時間が家族それぞれの悩みや不満を解消する場となります。再婚した夫婦にも、実親と子どもにも、継親と子どもにもそれぞれが一対一の時間をとることで新しい関係を作ることに役立ちます。

 

 

 

kokohare.hatenadiary.jp

kokohare.hatenadiary.jp

 

■ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

浮気を疑ったら…事実確認はするべき?するべきでない?

夫婦間のもめごととして、離婚につながりやすいものとしてあげられるのが「浮気の問題」ですね。そこで、パートナーの浮気の問題が浮上したとき、または怪しい雰囲気を感じたときの対処法をお教えします。

 

f:id:kokohare:20161109102017j:plain

 

パ―トナーの浮気を疑ったら、浮気の事実を確認する前にまずやるべきこと、それは「事実だった場合に自分がどうするか」をある程度固めておくことです。

 

 

意外ですか?「事実だったら考えよう」「まずは事実確認から」と急いでしまいがちですが、いざ浮気の証拠をつかむために動き始めたり、事実を確認してしまうと人間は誰しも冷静な判断がしにくくなるもの。

 

 

まずは、比較的冷静な「疑い」の段階で自分の身の振り方をひとまず考えてみましょう。もちろん、この時考えたことは後から変わってしまっても全然かまいません。自分はこの先、パートナーとどのような関係でいたいのか。例えば生活を保障してくれればいいのか、それともお互いに信頼し合って添い遂げたいのかを見極める必要があります。

 

 

浮気をしているかもしれないと思っても、あえて何も探らず知らないふりを続けるという選択もありですよね。その真意は、「いずれ自分のところに戻ってくると思うから」でも、「事実かどうかは関係なく、経済的に迷惑をかけられなければかまわない」でもなんでもいいのです。

 

 

「以前から完全に愛情は冷めているので、男女の関係は外で済ませてきてもらうと逆に助かる」と言ってのけた奥さんも居られます。価値観は人それぞれです。

 

 

さて、あなたは浮気を疑ったら事実を確認しますか?しませんか?

 

 

夫の不倫問題に対処するためのサポートブック

 

kokohare.hatenadiary.jp

kokohare.hatenadiary.jp

kokohare.hatenadiary.jp

kokohare.hatenadiary.jp

 

トップへ戻る

 

1度離婚し、同じ人と再婚した友人の話

今日は、結婚して2人の子どもをもうけた後離婚し、数年後同じ人と再婚した友人のお話をしたいと思います。(彼女には了承を得て、個人が特定できないような形で掲載しています)

f:id:kokohare:20160905175210j:plain

 

恋愛結婚で一旦は結婚した旦那さんとは離婚をするまでは約10年間の結婚生活を送っていた彼女。旦那さんは仕事はきちんと行くし、家にお金も入れてくれる。暴力や暴言があったわけでもないそうです。でも離婚を決断したのは、旦那さんの飲み癖。

 

 

子育てに追われる彼女とまだ幼い子どもたちを置いて毎晩飲みに出かけ、月に10万近くも飲み代に使ってしまう旦那さんに愛想をつかした彼女は離婚を切り出したんだそう。旦那さんも始めこそ嫌がったものの、彼女の意志は固く半ば家出同然で協議離婚が成立したということでした。

 

 

離婚を考え始めたときから2年ほどで正職員の仕事を得て、生活のめどをつけていた彼女。彼女曰く「離婚の準備だと思えば意地で何とかなった!!」と言っていました。

 

 

そして親子3人で離婚後の新生活を切った彼女。仕事も順調で、お付き合いする彼氏もできたのに、また元の旦那さんと結婚した理由を尋ねてみたところこんな返事が返ってきました。

 

「結局男はみんな一緒だってことが分かったから(笑)」

 

 

離婚後に何人かの男性とお付き合いをしてみて、結局は結婚が上手くいくか行かないかは自分次第でもあるということを悟ったんだそう。

 

 

彼女は離婚から数年後、長女がお父さんをとても慕っていたことを理由に元の旦那さんと再婚することを決心したとのことでした。

 

 

現在の彼女の生活が離婚前よりも上手く言っているかと言えば、お互いが大きく変わったわけではないのでいろいろあるそうですが、子どもたちが大きくなったことと、彼女自身が経済力を持っていることでだいぶ楽に結婚生活を送れているとのことでした。

 

 

kokohare.hatenadiary.jp

kokohare.hatenadiary.jp

 

 

『子どものため』に離婚を我慢した両親のもとで育った友人Aちゃん

Aちゃんは大学時代の友人。リストカットやOD(薬の過剰摂取)、性的な奔放さなどこれまでに本の中でしか読んだことのないようなことをやってしまう、初めて出会うタイプの子でした。


友人としてほぼ毎日一緒に授業に出たりお互いの家を行き来したりしており、お互いに別々の地元に戻った現在でも交流があります。



Aちゃんは3人姉兄の末っ子で、幼い頃から両親は家庭内別居でした。



彼女は彼女のお母さんから『あんた、産まれてこれて良かったね。』と言われたそうです。実は、彼女の両親はできちゃった結婚。Aちゃん姉を身籠り結婚した両親は、お姉さんの希望で二人目となる男の子(Aちゃんの兄)を出産。二人で終わりと思っていたところに思いがけずAちゃんを授かり出産。という流れだったとAちゃんに話したそうです。


Aちゃんはよく、『家の兄弟で望まれて生まれてきたのはお兄ちゃんだけ。』と言っていました。両親の不仲なようすから、自分は望まれて生まれてきたんではないんだという思いが強くなったと話していました。


『子どものため』と離婚を踏みとどまる気持ちはよくわかります。両親がいることが子どもにとっていいのだと固く信じている人も多いです。でも、それには『両親がお互いを思い合い、お互いを人として尊重しあっていること』という前提があります。



離婚したいくらい相手に嫌悪感を感じていて、会話もなければ思い合うこともない夫婦の間で板挟みになって育つ子どもは精神的に傷つきます。大人だって、喧嘩の仲裁は辛いのに、それが毎日続いた状態で生活する子どもは心理的な虐待を受けているのと等しいとさえ思います。



『子どものため』と離婚を踏みとどまるのであれば、絶対に夫婦間の関係を改善する努力をしなければなりません。離婚を踏みとどまるだけでは『子どものため』にはなっていません。夫婦が夫婦として機能して初めてそうなることを忘れないでください。


○大人の都合について子どもにはどう説明する? - 幸せになるための離婚・再婚ガイドブック

離婚の黄色信号…妻の寂しさが見えていますか?

男性の脳は1点集中型、または狩猟型と言われます。狩りをするときには、その獲物だけを集中して追うことで獲物をゲットする確率を上げることができます。その裏には、自分の身の安全を守ったり、家で待つ家族に食事を持ち帰るという結果が待っているのですが、狩猟中の男性脳にはそんなことは意識に上ってきません。また、一度獲得した獲物は追いかける必要がなく成ります。これは、結婚して安定した関係になるといわゆる「釣った魚に餌をあげない」状態になる理由です。

 

 

f:id:kokohare:20160407115509j:plain

一方、女性は家で子どもと一緒に夫の帰りを待ちながら近所の女性たちとのコミュニティづくりをする必要がありました。地域で子育てをすることで子どもの安全を守ったり、お互いを助けあったりすることができたからです。そして、女性の脳は一度に複数のタスクをこなすことにたけています。仕事の合間にメールを返信することができますが、男性脳は仕事が一区切りしないとなかなかそれができません。同時にほかのことを考えにくい脳なのです。

 

 

このように、人間が狩猟生活をしていたころから男女の脳は違う働きをするようにできていたわけです。そのため、現代でも男女は物事の捉え方や発信の仕方が異なるため、分かり合う時に一層の努力が必要です。

 

 

kokohare.hatenadiary.jp

 

今回は、妻の寂しさについて解説します。

 

 

 上記のような脳の違いがあるがために、夫婦のすれ違いが起きていると考えることができます。もともと、女性は子どもを育てたり家庭を守るために、何かを大切に慈しみ、守り育てるということに一生懸命精力を注いでいます。

 

 

しかし、家庭のことを顧みず仕事に一生懸命な夫が、妻の努力に気が付いてくれないと妻は段々と寂しさが募っていってしまうわけです。

 

 

私の友人の離婚経験者が呟いた忘れられない一言に「居るのに居ないように感じることほど淋しいものはない」というものがあります。これは、離婚経験者であれば共感できる人も多いのではないでしょうか。

 

 

夫があまりにも家庭を顧みなくなると、家庭で待つ妻にとっては「居るのに居ない」状況になってしまうわけです。こうなってくると、「本当は居るのに助けてくれない、頼りにならない人なら居なくても一緒。」と思うのも無理はないと思いませんか?自然と離婚が近づいてきますね。

 

 

「居なくても一緒」と妻が思い込んでしまう前に早めに手を打つことが大切です。「仕事が忙しい」「休みの日くらい休みたい」という気持ちがもしもあるのであれば、結婚生活と自分のやりたいことを天秤にかけてみるといいですよ。

 

 

もしも、結婚生活の方が優先順位が高いのであれば、黄色信号がともっていないかわが身を振り返ってみることをお勧めします。

 

kokohare.hatenadiary.jp

kokohare.hatenadiary.jp

 

 

トップへ戻る

子どもを叱りすぎてしまうお母さんの心理

最近、学校現場で働く友人から一人の中学生の話を聞きました。母子家庭でお母さんは一生懸命子育てをされているのですが、子どもに対して厳しくするあまり親子関係が上手くいかなくなっているように感じ、と友人は話していました。

 

f:id:kokohare:20160330163020j:plain

思春期になると親の厳しさに反抗する子、そしてそれに対して(子どもを正しい道に導こうと)さらに厳しくする親という悪循環に陥る親子がいます。

 

 

今回の友人の話に出てきた親子とは実際にお会いしたわけではありませんが、ひとり親家庭にはよくあることなので、今回は「叱りすぎてしまうお母さん」についての一言です。

 

 

ひとり親になって子どもをきちんと育てようと思えば思うほど、子どもに厳しくしてしまうという傾向はお母さんに強く現れます。特に、真面目で責任感の強いお母さんであればあるほどです。

 

 

以前、ひとり親が子育てをする際に必要な男性性と女性性について書きました。

 

kokohare.hatenadiary.jp

 

 

ここで言う男性性と女性性とは、親で言うなら父性と母性ですね。子どもが健全に育つためにはこの両方がバランスよく与えられることが大切です。母性とは「包み、与える性質」、父性とは「ルールや規則を教え、自立させようとする力」とイメージしていただければいいと思います。

 

 

では、どちらがどれだけ与えられることが適切なのかというと、割合としては母性7・父性3くらいがベストです。

 

 

でも、ひとり親になり、子どもをきちんと育てようとするお母さんほど母性の割合が少なくなりがちです。子どものやるべきことをきちんとさせる、規則を守らせる、自立させようとしつけをするのは決して間違ったことではありません。

 

 

でも、父性からの厳しさを受け入れるためには、子どもの心がまずは「受け止められていること」が必要です。そう、子どもの心を「受け止める」役割は、母性が担っています。

 

 

ですから、ひとり親で子供をきちんと育てたいと思っているお母さん(お父さん)は、まずは子どもの気持ちを受け止めることを基本にしてほしいと思います。子どもの気持ちを受け止めるというとわかりにくいかもしれませんが、「子どものおしゃべり相手になる」「時々は子どものリクエストにこたえて食事を作ってあげる」など簡単なことでいいのです。決して難しいことではありませんね。

 

 

そうして日頃からしっかり子どもの気持ちを充電してあげていれば、いざと言う時の厳しさも子どもの心は折れずに受け入れることができます。母性で受け止めるのは、子どもとの信頼関係を築くことにも似ています。子どもがしっかりと「愛されている」と感じられること、親子関係を良好にするためには、厳しさの前にまずは母性です。

 

 

子どものことを想っている、頑張り屋さんで責任感の強いお母さんこそ頭の片隅に「母性」を置いておいてくださいね。

 

 

kokohare.hatenadiary.jp

kokohare.hatenadiary.jp

 

 

トップへ戻る